上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>>松本潤のお宝情報はこちら


3月3日放送TBS系「ひみつの嵐ちゃん」。VIPルームのゲストにシンガーソングライターaikoを迎え、彼女の素顔を迫った。
aikoのファンだという松本潤は、特に嬉しそうで、終始ご満悦。楽曲を本当によく聴いているようで、ぜひ「女の子にカラオケで歌ってほしい」と、熱烈なファンぶりをアピールしたのである。そのaikoが意外にも、マニアックな一面を持っていることが判明したのだ。
気さくで柔らかな雰囲気のaikoは、音楽雑誌の読者アンケートで、「友達にしたいアーティスト」や、「相談に乗ってほしいアーティスト」などで常に1位を獲得している。嵐メンバーのaikoに対する印象も、やはり同じものであった。誰にも愛される人柄がにじみ出ているのだが、そのaikoには、誰もが驚く一風変わった好みがあるという。それは食事のときの物をかみ砕く音、「咀嚼音」が好きというのだ。
彼女はほぼ毎晩、動画サイトにアクセスしては、好みの咀嚼音を聞き、1人で悦に浸っているそうだ。特に好みは、猫や犬が「カリカリ」、「バリバリ」とエサを食べる音とのことだ。
そこでおせんべいや氷など、いい音がしそうな食べ物を用意し、メンバーがそれらを口に頬張って、誰が一番aiko好みの音を出せるかを対決することとなった。大野智はスイカ、櫻井翔はトウモロコシ。そして二宮はおせんべい、松本が氷をそれぞれ食べた。「カリンコリン」とカメラ目線で氷をかじる松本は、97点という高得点を獲得し、他のメンバーから一歩リード。残る相葉雅紀に用意されていたものは、なんと豆腐だったのである。
さすがに豆腐では、音が出せなと相葉は困惑。豆腐を大きくすくい取り、一口で「チュルン」とすすったのだ。咀嚼とは異なるが、果敢に挑戦した相葉にaikoは95点をつけた。しかしその奮闘もむなしく、彼女がお気に入り嵐に選んだのは、二宮。理由は対決の得点ではなく、「トークのフォローをしてくれたマメさ」とのことである。
メンバーがひたすら口に物を運び、モグモグムシャムシャしている間、aikoは「おおっ」、「ああ!」と興奮し奇声をあげ、時にはため息さえ漏らしていたのだ。どうやら心底、咀嚼の音が好きらしい。国民的なミュージシャンといっても過言ではない彼女の意外な一面に、ファンや視聴者が引いてしまわなかったかどうか、とても気掛かりである。
(文=田端あんじ・文責=佐藤英典)
●関連記事
櫻井の決め台詞に、長谷川潤「気持ち悪い」と苦笑 実はマニアック? 櫻井が好きな女性の体の部位は●●の付け根 10歳少年を傷つけた櫻井翔の軽率発言 松本潤が宇宙人に! 「サギプリ」の詐欺っぷりがハンパない 羽鳥アナが「嵐」を私物化? 娘のために職権乱用


http://news.livedoor.com/article/detail/5388401/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








松本潤Fan
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。